お知らせ

高校生トラベル® 第3回豊田市山村バスツアー ~小原和紙・中馬のおひなさんツアー~

豊田市からの委託業務、足助高校「高校生トラベル®」による第3回の山村ツアーを、2月28日(水)に開催しました。

山村地域を巡る3ルートを企画した内の第3弾で、小原和紙のふるさとでの紙すき体験、足助の古い町並みで開催中の「中馬のおひなさんスタンプラリー」を体験できるツアーを開催しました。

小原和紙のふるさとでは、和紙工芸体験館で字すき体験を実施し、参加者の皆さんが思い思いの一字を和紙に表現しました。完成を待つ間、小原和紙美術館での鑑賞を楽しみました。

また足助の町並み散策では、中馬のおひなさんで賑わう町を観光ビジネスコースの3年生2名と、2年生12名が案内しました。散策後は、足助交流館に集まり、参加者の皆さんから本日の思い出を高校生に語ってもらいました。

参加者の皆さんのアンケートでは、初めての紙すき体験や、高校生との交流がとても楽しかった、との回答が多くを占めていました。

今年度3回実施した豊田市山村バスツアーは、学びの集大成となる観光実践となりました。

豊田の山里・地域づくりフォーラムゲスト講演

2月23日(金・祝)に、豊田森林組合にて足助高校の観光ビジネスコースや探究学習プログラムの活動報告のため、ゲストとして足助高校の観光ビジネスコースの3年生3名が招かれました。

豊田市の中山間地域の振興を目的に、この地域で活動を展開している事業所や関係人口の皆さんとの交流の場として開60名を超える参加者の前で、本校観光ビジネスコースの生徒が、今年度の観光ビジネスコースのプロジェクトの報告をし、また自身が関わった探究学習プログラムについて報告をしました。

第11回高校生ビジネスプラン・グランプリ東海地区発表会

2月17日(土)に名古屋大学にて開催された第11回高校生ビジネスプラン・グランプリ東海地区発表会にて、全国ベスト100に選出されたプランのプレゼンテーションを行いました。

新渡戸文化高校の生徒が考えたプロジェクト「東京・足助スタディツアー」を基に、足助高校と新渡戸文化高校の生徒で、「高校生トラベル×スタディツアー ~高校生の作る未来の修学旅行~」としてビジネスプラン化しました。

香嵐渓が観光客で混雑する期間以外の時期の平日の閑散期に、少人数の修学旅行生を受け入れることで、足助の宿泊施設の稼働率を上げるプランです。

昨年度に続く出場となり、審査員からは昨年度からグレードが上がっていることや修学旅行のリノベーションである、との評価をいただきました。

発表後は、他の出場校の生徒との交流の場もあり、また特別講演者とのパネルトークも行われ、新たな視野を広げる貴重な機会となりました。

高校生トラベル® 第2回豊田市山村バスツアー ~足助の歴史・稲武の名産品ツアー~

3年生観光ビジネスコースの生徒が、豊田市からの委託業務、足助高校「高校生トラベル®」による第2回の山村ツアーを、1月31日(水)に開催しました。

山村地域を巡る3ルートを企画した内の第2弾で、足助城の見学、足助の古い町並み散策、ジビエ料理で有名な井筒亀での昼食、道の駅どんぐりの里いなぶでの買い物やほうらいせん吟醸工房での酒造り見学を実施しました。

戦国時代の山城を再現した足助城には、参加者の多くが感銘を受け、季節ごとに表情が変わるお城にまた訪れたいと口を揃えていました。

また町並み散策では、観光ビジネスコースの3年生が観光案内をしながら、昼食会場へ行き、一緒に「猪すき膳」を堪能しました。高校生とはここでお別れとなり、参加者の皆さんは別れを惜しんでいました。

午後は道の駅でのショッピング、そしてほうらいせん吟醸工房ではお酒の製造工程を杜氏さんに説明してもらい、山の恵を生かした酒造りについて学ぶ機会となりました。

第3回のバスツアーは2月28日に実施予定で、小原和紙の紙すき体験と中馬のおひなさんスタンプラリーへの参加を企画しています。

令和5年度 最終発表会

1月26日(金)5・6限に、令和5年度の各種プロジェクトの最終発表会を本校の地歴公民科室にて開催し、 全校生徒やオンライン視聴者に向けて配信も行いました。

会場には学校運営協議会委員、協力事業者、PTA常任委員の皆さんなど、多くの関係者が会場に訪れ、探究学習プログラムや観光ビジネスコースの実践プロジェクト、ミュージックビデオ、ルールメイキングプロジェクトの発表に耳を傾けていました。

観光ビジネスコースからは、

「足助スタディツアー」

「ラジオCM」

「ポストカード」

「あいちまちづくりアワード」

「小学校総合学習プロデュース」

「インバウンド」

「豊田市山村地域バスツアー」

「ミュージックビデオ『足助で超 good time』」

「 日本政策金融公庫主催 高校生ビジネスプラン・グランプリ『高校生トラベル×スタディツアー~高校生が考える未来の修学旅行』(全国ベスト100に入選)」

の発表を行いました。

多くの関係者に観覧していただき、また各種メディアからの取材も受けました。1年間の活動を発表し、関係者の皆さんに感謝の気持ちを伝える場ともなりました。

高校生トラベル® 豊田市山村バスツアー ~ジビエ・足助の町満喫日帰りツアー~

3年生観光ビジネスコースの生徒が、豊田市からの委託業務、足助高校「高校生トラベル®」による山村ツアーを、12月20日(水)に開催しました。

山村地域を巡る3ルートを企画した内の第1弾で、食肉加工会社の山恵の見学、ジビエカフェの山里カフェMuiでの昼食、足助の古い町並み散策、足助交流館での足助高生との交流会を行程に組み入れました。

お子様連れの家族やジビエに興味がある方に応募していただき、ツアーは満員御礼となりました。

参加者は、獣害やハンターの現状について現地で見聞きすることによって、中山間地域の課題について理解を深めていただいた様子でした。

午後は足助の古い町並みを散策し、小路をゆっくり歩いて見て回るなど、新たな楽しみ方で足助を堪能していただけました。

高校生との交流会も盛り上がりを見せ、参加者、高校生共に実りある一日となりました。

当日の様子は、市政番組「とよたNOW」(リンク先をご覧ください)で紹介されました。

「高校生ビジネスプラン・グランプリベスト100入賞」

足助高校の高校生トラベル®と新渡戸文化高校のスタディツアーを掛け合わせた、未来の修学旅行をテーマとしたビジネスプランを、日本政策金融公庫主催第11回「高校生ビジネスプラン・グランプリ」に応募したところ、応募総数5,014プランの中からベスト100に選出されました。2年連続の入賞となります。

12月14日には主催者が来校され、表彰式が本校にて行われました。2月17日(土)に予定されている、名古屋大学での東海地区発表会(東海地区5校8プラン)への出場も依頼されております。

グループ名      :愛知県立足助高等学校×新渡戸文化高等学校
ビジネスプランタイトル:高校生トラベル×スタディツアー~高校生が作る未来の修学旅行~

R5 ラジオCM制作プロジェクト 表彰式

2年生観光ビジネス類型がラジオCM制作プロジェクトで完成した作品に対し、ゆとりフリーターさんや教員、生徒間の投票を行い、最優秀賞と優秀賞の表彰を行いました。

豊田市山村バスツアー企画下見・外部研修

3年生観光ビジネスコースの生徒が、豊田市からの委託業務、足助高校「高校生トラベル®」による山村ツアー準備のため、12月1日(金)に貸切バスにて下見を行いました。

山村地域を巡る3ルートを企画しており、第1回の12月20日(水)に実施するルートや今後の企画に向けて、食肉加工会社の山恵、ジビエカフェの山里カフェMui、道の駅どんぐりの里いなぶ、ほうらいせん吟醸工房、宿泊施設The Ninja Mansion、足助城を訪れました。

行先の中には、インバウンド向けの旅行企画のために訪問した場所もあります。

3年生観光ビジネスコースの学びの集大成として、豊田市山村バスツアーやインバウンド向け旅行企画プロジェクトを実践しております。

11月足助スタディツアー 4日目

11月18日(土)、11月足助スタディツアーは最終日を迎え、新渡戸文化高校の生徒の皆さんが、朝早くから足助の町を出発しました。

最終日は「愛知の観光」をテーマとし、名古屋港水族館、大須、名古屋城を回る行程を、足助高校の観光ビジネスコースの生徒が提案しました。

時折雨が降る天候の中、1年生は名古屋城で集合し、足助高校の校長先生が見送りに駆け付けました。

17時30分に名古屋駅の銀時計前に全員集合し、17時51分東京行の新幹線に乗り、名古屋を出発しました。

足助高校の生徒との交流や地域課題に取り組む大人たちと協働してプロジェクトを実践する、3泊4日の「足助スタディツアー」が無事終わりました。

今回訪れた新渡戸文化高校の生徒さんの一部は、足助でのプログラムを生かしたプロジェクトを今後企画していきたいとのことでした。

また足助に遊びに来てくださいね。